TALEX タレックス 偏光サングラスショップ 宅配のめがねやさん
お手頃フレーム
跳ね上げ前掛け
オーバーグラス
AEAL
オークリィ
ポリス
レイバン
グリーンジャケットスポーツ
リドル


今日のひとこと 今日の一言 ツイッター
老眼とは?中近両用メガネがお勧めです! by ザラおやじ




老眼と中近、遠近のお問い合わせが非常に多いので、以前、紹介したものを再度、公開致します。





最近、細いラインでの釣りがしんどくなってませんか?



夜、ラインをガイドに通し損なったことありませんか?






「老眼」・・・・




デリカシーのない呼び名ですが、人生の約半分は老眼とのお付き合いでもあります。



老眼のことをよ~く理解して仲良く付き合っていけば、人生の半分はより快適になります。




遠視と老眼をごっちゃにする方が多いのですが、まったくの別物です。




遠視は・・・


自分の見たい所より、遠くにピントが合ってしまうので、遠くも近くもぼやけて見えます。





老眼は・・・


カメラでいう、オートフォーカス機能の低下により、近くにピントが合わせづらくなることです。





遠視と老眼の決定的な違いは、「手元へのピント調節が可能かどうか」です。




老眼の原因は加齢です。




個人差がありますが、早い人で30歳の後半、多くの人は厄年と言われる42歳前後、45歳を超えれば、ほとんどの方が老眼です。


(老眼鏡を必要とするか?どうかは別の話です。)






若い頃は見たい物への距離に応じて、眼の中にある毛様体という筋肉が延び縮みして、水晶体が膨らんだり縮んだりして瞬時にピント調整が可能です。


(新品の高性能オートフォーカス機能が搭載されています。)





ところが、加齢により水晶体が硬くなると、膨らみにくくなり、近くのピント調整に時間がかかったり、困難になります。


(旧式のオートフォーカス機能の経年劣化です。)



ほとんどの方は40歳から水晶体の硬化とともに調節力が衰え、60~65歳には調節力がほぼ無くなると言われています。





残念ながら・・・



老眼を止める方法はありません。



老眼が進まないようにと老眼鏡を掛けないで頑張ることは、







無意味です。





老眼を我慢することによって目の疲れ、肩&首のこり、偏頭痛、ひどい場合には吐き気まで催すことがあります。



自分の目に合った老眼鏡を、進行状況に合わせて掛けることをお勧め致します。



ただ、老眼鏡にも間違った掛け方があります。



老眼鏡を外すのが面倒くさくて、掛けたまま遠くを見ようとする方がいます。


そのうち、老眼鏡を外さなくても、遠くを見るのに不自由しなくなります。



これは、目が遠視になったか?または、少しでもはっきり見ようと眼がメガネに合わせてしまうのでは?と言われています。



どちらにしろ、老眼鏡を掛けて遠くがはっきり見える、というのは遠くも近くも見づらくなってる証拠ですから日常生活に支障が出ます。



遠くが見えるようになってしまった老眼鏡は近くを見る老眼鏡としては弱いです。



つまり・・・



より強い老眼鏡が必要になります。




そしてさらに強い老眼鏡を掛けて遠くを見ようとするものなら、さらに遠視が強くなっていき、また老眼も強くなっていきます。



これは100均とかの既製老眼鏡を使っている方に多く見られます。



面倒くさがらずに、遠くを見るときは必ず外してください。



でも、どうしても掛けたり外したりが面倒くさいって人、いますよね?



自分がそうです。



でも・・・



メガネを外さなくても、室内ぐらいなら見渡せる老眼鏡があったら便利だと思いませんか?



小さな字がしっかりと見え、そのまま顔を上げれば人の顔や、テレビ、壁掛け時計やカレンダーまでが見える老眼鏡?



あるんです。



正確には老眼鏡でなく、中近両用メガネと言います。



次はこの、中近両用メガネの便利さをご説明致します。










写真左は、老眼鏡の見え方(イメージ)です。



手元(30~40センチ)だけが非常に見やすいメガネです。



長時間の読書、作業には非常に便利ですが、ちょっと顔を上げると目の前がボヤけてしまいます。



老眼鏡は顔を上げる時、外さないといけないのが不便です。

(近視の人は除きます。)



メガネを外さなくても、室内ぐらいなら見渡せる老眼鏡があったら便利だと思いませんか?



写真右は中近両用メガネの見え方イメージです。



運転には不向きですが、室内での作業、読書、パソコン等には最適です。



顔を上げても、目の前がボヤけないというのは非常に快適です。




中近両用メガネは・・・・



中間距離から手元への移行が非常に緩やかです。



遠近両用メガネに慣れられなかった人にも使いやすいメガネです。







働き盛りの方に、お勧めです!















イラスト左は中近両用メガネの視野のイメージです。



運転や遠くを見るには不向きですが、手元、パソコンモニター、室内を見渡すにはちょうど良いメガネです。




イラスト右は遠近両用メガネの視野のイメージです。



遠方を最優先していますので、釣りでは仕掛けを直したり、ルアー交換したいとき、



または外出時、お買い物で、食べ物の賞味期限や値段をちょこっと見たいとき、




手元をちょこっと見たいときに




お勧めです。






また、運転時においてナビを見るのにも便利です。



ただ・・・



手元の視野が非常に狭いので、長時間の読書や作業、パソコンには不向きです。



遠近両用メガネは遠くも近くも同様に、充分過ぎるほど、よく見えてしまう夢のメガネではありません。



外では遠近両用メガネ、室内やオフィスでは中近両用メガネの2本を使い分けることで、老眼鏡とかパソコン専用メガネを減らすことができます。




また・・・



用途に応じたメガネを使い分けることは、目が疲れず非常に快適です。



40歳過ぎたら、メガネは1本ですべてをまかなうことはほぼ、不可能です。



かと言って、3本も4本も所有する必要はありません。




遠近両用、中近両用、老眼鏡・・・



レンズそれぞれの特徴(特に弱いところ)をよ~く理解して、失敗のないメガネ選びをしましょうね!





メガネを掛けると度が進むというのは迷信です。




40歳以上の方は、なるべくベテラン検査員の常駐されてるメガネ屋さんに行きましょう!



あれ?老眼かな?と思ったら・・・




スタッフ全員が老眼の宅配のめがねやさんにぜひどうぞ!











   <ザラおやじ>




投稿日2015/09/06 19:35:38
コメント
名前

タイトル

本文