TALEX タレックス 偏光サングラスショップ 宅配のめがねやさん
お手頃フレーム
跳ね上げ前掛け
オーバーグラス
AEAL
オークリィ
ポリス
レイバン
グリーンジャケットスポーツ
リドル
カテゴリー
上畠克久プロ



上畠プロからタレックスレンズ使い分けレポをいただきました!



Q1 数種類の偏光レンズがありますが、TALEXとの違いは?

私は、TALEXを使用する以前には、安価な偏光サングラスを使用していました。


その当時は、ただ光の眩しさを遮り水中が見えれば偏光レンズは何でも良いと思っていました。


ある日、TALEXレンズの偏光グラスを使用している釣友から借りる機会があり実際現場で使用したところ、圧倒的な視界の良さ、そして目の疲労感の違いを現場で実感しました。








Q2 過去の実釣行において、TALEXを使用したいと感じたのはどんな時ですか?


近年のエギングブームにおいて、年々釣果や条件的にも厳しくなってきました。


その中で、貴重な1パイを釣る為には、よりタイトな釣りが要求されてきています。


海底のシモリや藻場、カケアガリなどの有無、潮流やベイトの動きなどを確実に目で見て確認する時です。









Q3 実際にTALEXをご使用いただいての感想を具体的にお答え下さい。


私のホームグランドでは、エギング人工が増加し、人気と言われるポイントでは、イカがハイプレッシャーになり釣り難くなっています。


しかし、人気ポイントから少し離れたところは、無人が多いです。


私は、そういった竿抜けポイントに好んで入りますが、初めて入るポイントでも、見えることによってポイントのセレクトが素早くでき、確実な釣果を得る事ができました。









Q4 TALEXを複数お持ちの方は、フィールドでのシチュエーションの違いによるカラーの使い分けを出来るだけ具体的にお答え下さい。


私はほぼ毎日のように釣りに出かけています。釣りは仕事帰りが多いので、夕まづめとなります。


マヅメの釣行にはイーズグリーンを使用します。


ローライトの状況下でも違和感なく使用できます。


夕方に接岸するベイトなどがはっきり確認できます。


夜の常夜灯周りや漁火では、ブラウンOAを使用します。


明かりに集まるベイトの動きがはっきりわかるので時合いの把握がしやすいです。


そして、道のポイント開拓では、コントラストのはっきりするアクション湖パーを使用します。


海底のストラクチャーが確実に確認出来る為、現場把握が早くなりタイムロスを防ぐことができます。









Q5 実際にご使用いただいた中、複数色の必要性を実感されたことがありますか?


今回ブラウンOAを使用したところ、自然に近い状態で見えることによって今まで実感できなかった情報が入ってきました。


河口付近での釣りでは、海水を淡水が交わるとできる靄がよく分かるのでそれによっての流し方や潮の入り方が把握できたため、淡水を嫌うイカを河口で確実に狙う事ができました。


日中の移動時、トンネルに入った時の暗順応、明順応が抑えられます。










Q6 一般ユーザーの皆様へのアドバイス・メッセージをお願いします。


レンズカラーを使い分けることによっての釣果や情報量の差は大きいです。








上畠プロのブログ「爆走釣街道」はこちらより。








上畠プロのナイトオレンジレポです。


「私は、よく近くの磯場にメバル釣りに出掛けます。


メバル釣りは、ほとんどが夜釣りとなります。


毎日のように釣りに出かけているわけですが、渋い日が多いのが現状です。


この食いが渋い時に、ナイトオレンジの有り難さを実感しました。


私は、食いが渋い時に、キャップライトの灯りをロッドティップに当ててアタリを取るようにしています。


そこで、ナイトオレンジを掛けることによって、光の膨張や光のブレが抑制され確実に微妙な小さいアタリがキャッチでき釣果につながりました。


常夜灯や販売機などで明るい釣り場も同等の効果がありました。


アタリが確実にキャッチできれば、色んな展開ができ楽しさも倍増します。


使用ロッドは、クラップ80で白いロッドですが、スレッドがメタリック系で反射の強いロッドでも効果ありです。


また、夜の磯歩きにもキャップライトを頼りに歩くのですが、潮溜まりや濡れている場所もはっきり確認ができました。


通常の車の運転では、夜の吹雪では、雪がライトに反射してひじょうに見えにくく運転し辛いときがありますが、ナイトオレンジを使用すれば、反射が抑えられて、はっきり見えました。


雪以外にも雨の日も視界良好です。



目を守る、確実に見えるという事からも私は、夜の必需品となっています。」


投稿日2013/02/16 00:05:39