TALEX タレックス 偏光サングラスショップ 宅配のめがねやさん
お手頃フレーム
跳ね上げ前掛け
オーバーグラス
AEAL
オークリィ
ポリス
レイバン
グリーンジャケットスポーツ
リドル
カテゴリー
お手軽メンテナンスについて


フレームのフロント(本体)部分とテンプル(ウデ)の継ぎ目の部分は「リョクショウ」と呼ばれる緑色の錆が出やすいところです。

「リョクショウ」を未然に防いでフレームを長持ちさせる便利なものがあります。



KUREの5-56というペンタイプの防錆&潤滑剤です。


ホームセンターや釣具店さんで取り扱いされてるようです。





このような状態にして継ぎ目にペン先を軽く押し当ててオイルを注入します。

ほんの少しで充分です。


この時、ネジを少し緩めてオイルをさせば少量のオイルで充分に行き渡ります。





バネ兆番つきフレームであれば兆番部にも定期的なオイル注入が必要です。


兆番内部が錆びたりオイル切れを起こすと動きが悪くなったり、動かなくなったりすることがあります。


このようなメンテはフレームの寿命を大きく伸ばします。




お勧めのメガネ専用精密ドライバー、「ペンドラ」です。





プラスとマイナス兼用ドライバーで1本、540円(税込み)です。


ほとんどのサングラスフレームにご利用いただけるので大変便利です。



偏光サングラスの取り扱い注意点について


■サングラスの掛け外しは両手で!


片手での掛け外しや、カチューシャみたいに頭に挟んでいると、フレームが広がったり、レンズが外れやすくなったり、「ひずみ」が発生してくる場合があります。


中心部まで「ひずみ」が発生すると、大変見づらくなります。


■釣行後は水洗いをして、よく乾かしましょう!
  

釣行後は必ず水洗いをして、専用布(メガネクロス)か柔らかいティッシュで水気をしっかり拭き取り、一晩部屋で陰干しをしてから
ケースにしまいます。


濡らしっぱなしは剥離の原因になります。 


濡らしっぱなしでの放置は、湿気で偏光フィルムがやられてレンズ周辺部から色抜けしてきます。




(このような場合、ご使用期間がたとえ1年未満であってもメーカー規約により半額修理となります。)


レンズとフレームの隙間に水がたまりやすいので、メガネクロスかティッシュでよ~く吸い取って、乾かしてあげて下さいね。


■潮や汗のべたつき、整髪料等、水洗いだけで落ちにくい場合は、「メガネのシャンプー」がお勧めです。(税込680円)
★メガネのシャンプーは現在リニューアルバージョンに変更になっています。パッケージは変わりましたが、使用方法は同じです。






メガネのシャンプーはレンズ両面とフレームに吹き付け、





水道水で洗い流します。



レンズコートを傷めることなく、汗や潮のべたつき、整髪料を綺麗に除去します。


中性洗剤を水道水で薄めることで代用が可能です。)


■汗や整髪料はフレームメッキはげの原因になります。


メッキ剥げしたフレームを掛けると、肌が荒れたり、発疹が出たりすることがあります。


■車内への置きっ放しは厳禁!
 

夏は車内が70度以上になることがあり、熱でコーティングが傷んだり、フレームが変形することがあります。



冬は低温によりプラスチックフレーム(CR-39プラレンズも同様)が縮むことがあります。


■フレームの調整はプロにまかせましょう!
 

掛け具合を調整しようと、ご自分で曲げたり広げたりするとレンズが外れやすくなったり、「ひずみ」が発生する場合があります。


有料メンテナンスのご案内






TAKUMEGAでは無料メンテナンスと有料メンテナンスをおこなっています。


掛け具合の微調整、オイル、レンズを外さないクリーニングは他店さまのお持ち込みであっても無料です。



有料メンテナンスのご紹介です。


基本料金4320円(税込)プラス送料となります。

(他店様のものも同様です。)



基本料金には鼻パッド交換、レンズパッキン貼り直し、レンズ洗浄、フレーム洗浄、ネジ交換、オイルさし、バランス調整・・すべてが含まれます。


(先セル(耳あて)交換及び、その他取り寄せによる特殊部品交換は別途有料となります。)





メタルフレームの場合、長い使用によって緑錆(リョクショウ)が出てくることがあります。







あちこち緑錆が出てきて 鼻パッドも黄変しています。


テンプルの先セル(耳あて)も傷んでいます。


(ゴム製の耳あては真夏でのご使用において、高温で膨張し、抜けやすくなることが多いです。)



レンズ周辺部の色抜けはレンズ交換しないと直りませんが、フレーム汚れは綺麗になります。






レンズと鼻パッドを外します。



(鼻パッドは消耗品です。シリコン製は1年に1回の交換をお勧め致します。シリコン製鼻パッドは1組216円(税込)、ナイロン製鼻パッド交換は1組108円(税込)で承ります。)




フレームとレンズの隙間にはたくさんの汚れが付着しています。





テンプルの先セル(耳あて)ゴムも抜き取ります。





注:テンプル先セルは脱着できないものもあります。





外すと緑錆や汚れがたまっていることが多いです。



(写真の緑色の固着物が緑錆です。)




長く放置しておくと、フレームが折れやすくなります。






テンプルのバネ蝶番部分も錆びると動きが悪くなり、強引に閉じたり開いたりすると丁番部分が壊れます。






汚れは薬剤を染みこませた面棒を使って、丁寧に拭き取ります。




また。ネジに腐食が見られる場合は、ネジの交換もおこないます。






フレームの内側の汚れは、同じく薬剤を染みこませたクロスで丁寧にふき取ります。





少しづつですが、汚れと一緒に緑錆も落ちていきます。




取りきれない緑錆ですが・・・・・





特殊な洗浄液に浸けて、少しでも多くの緑錆を落とします。




(すべて落とすことは不可能ですが、初期の緑錆であれば、かなり落とすことができます。)






こちらは超音波洗浄機です。



クロスや綿棒で取りきれない隙間の汚れをミクロの振動で落とします。



これは同時に、メタルフレームのつや出しに効果があります。




3分1セットですが、1時間ほど繰り返します。



これにより・・・・







フレーム全体、またクリーニングしずらいバネ蝶番周辺も艶が出て、非常に綺麗になりました。




鼻パッドを交換し・・・・






先セル(耳あて)も新品に交換!





レンズの汚れを・・・・





綺麗に拭き取ります。





TAKUMEGAのメンテナンスではレンズのガタつき防止のために、必ずパッキン(両面テープ)を入れ直します。



このパッキンはガタつき防止だけでなく、レンズ止めのネジが車や船の振動で外れた時に、レンズが落ちにくくする効果があります。






輝きを取り戻しました。



2~3年は若返りましたね。(笑)





仕上げに各部にオイルをさし直し、ネジを締め直します。





ここまでオーバーホールをやれば、綺麗になるだけでなく、寿命が大きく延びますよ。


ここまでの作業、ほぼ半日がかりとなります。



TAKUMEGA有料メンテナンスいかがなものでしょうか?






今回の主なクリーニング&パーツ交換内容



交換パーツ /鼻パッド交換(シリコン)

       テンプル先セルゴム交換(純正)

       各種ネジ類


クリーニング&調整/

       緑錆&汚れの除去

       薬液によるサビ落とし
   
       超音波洗浄

       注油

       フレームねじれやゆがみの修正


レンズの調整/
 
       汚れクリーニング

       はずれ防止、調整、他 


注意:汚れの状態や錆び具合でクリーニングの仕上がり状態が変わります。

   フレームが塗装モデルの場合は剝げ易いのでご相談ください。

   また古いモデルによっては交換パーツがない場合もあります。

   
   是非一度 お店にご相談下さい。お待ちしています。m(--)m

投稿日2012/02/08 13:30:43
登録数 8  | 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8|